美容・ファッション

手荒れがひどい原因はあれだった?!手袋でケアをするのは逆効果説は本当?

冬の寒い時期になると、手荒れが気になりますよね。

ボロボロの手を人に見られると恥ずかしいものです。

ハンドクリームを塗ったり、
手袋をして寝たりとケアをしている方は多いと思います。

手袋をはめるのは逆効果と言われているのですが、
一体、何故なのでしょうか?

sponsored link


手荒れの原因は?

・乾燥
冬になって気温が低下すると、寒さから守るため、
皮膚表面の抹消血管が収縮します。
皮膚を保護している皮脂の分泌も減少するので乾燥してしまいます。
さらに、冬は空気が乾燥しているため、
肌の水分が蒸発して潤いが失われることで乾燥します。

・水仕事
主婦や美容師、医療関係者、飲食店など水を良く使う方に多いです。
水と一緒に皮脂が流れてしまい、手の潤いがなくなってしまいます。
水よりもお湯を使うことや合成洗剤を使うことでも
一緒に皮脂が流れてしまいます。
潤いがなくなった手は乾燥して表面が硬くなってしまいます。
これを放っておくと、ひび割れやあかぎれになってしまいます。
この場合は皮膚の保護機能が低下しているので、
少しの刺激でも敏感になり、かゆみが生じたり炎症が起きたりします。

・モノに触れる機会が多い
レジや銀行員などお札を定期的に触る仕事や、
事務職などで紙やパソコンを触ることも手荒れの原因に。
モノを触ることで、手の水分や皮脂が失われてしまうからです。

・食生活の乱れ
甘いものや脂っこいもの、暴飲暴食や野菜不足など
食生活が乱れていると栄養のバランスが悪くなっているので
手などの肌が荒れてきたりします。
食べ物は体を構成する栄養素が含まれているので、
不摂生にも注意です。

手荒れ対策

手荒れだけでなく、かゆみが出ていると炎症を起こしており、
刺激に対しての抵抗がかなり弱くなっている状態なので、
水仕事などは最低限に抑えておくのが良いでしょう。
ひどい場合は皮膚科に行った方が良いですね。

・お湯よりも水かぬるま湯に
水は冷たいよりも暖かいお湯の方が
必要な皮脂膜が失われてしまいます。
手の負担を減らすためにも水かぬるま湯にしましょう。
手が濡れた後は水をしっかりふき取ることが大切です。

・手に優しい洗剤を選ぶ
洗い物などで洗剤を使うと油汚れと同様
に肌の皮脂膜も落としてしまいます。
食器洗いの洗剤は手に優しいものを選びましょう。
無添加のものや天然成分で作られているものがいいですよ。

・ハンドクリームでケアをする
日頃のこまめなハンドクリームでのケアが大切です。
刺激が少なく、肌に合うものがいいのですが、
人によって合う合わないがあります。
選ぶときは保湿成分が入ったハンドクリームがいいですよ。

・規則正しい食生活を
外からのケアではなく体の中からのケアも必要です。
特に冬はイベントごとが多くて暴飲暴食をしてしまったり、
暑い時期に比べて食欲が出て食べ過ぎることもあるかと思います。
さらに、ダイエットで極端に食事を減らすこともよくないですね。
1日3食、規則正しく食事をしましょう。

・水分補給も忘れずに
冬は夏に比べて汗もかかないので、
水分補給は意識していないと不足している状態になります。
水は栄養素を体全体運ぶ役割をしているので、体にとって大切なものです。
水分を摂ることで血行を良くして新陳代謝がアップします。
さらに、軽い運動もするとより新陳代謝がアップしますよ。

スポンサードリンク



手袋は逆効果説は本当?

寝るときに手袋をしてクリームを塗るケアは
間違った方法と言われていますが本当でしょうか?

日中なかなか塗れない方も多いと思うので、
夜がケアできる時間ですね。

手袋をすることによって
ハンドクリームが手にしっかりと密着したり、
ハンドクリームのベタつきを防止したり、
無意識に掻いてしまうのを防ぐ効果があると言われています。

この説の情報源の一つに
テレビ番組の「あのニュースで得する人損する人」
で手袋は逆効果説が紹介されていました。

理由は、肌の水分が多くなりすぎると
皮膚がふやけてしまって、
今までは耐えられていた刺激にも弱くなり
逆に肌荒れを起こしてしまうのだそうです。

さらに、本来肌が持っている保護機能が
低下してしまうことから逆効果と言われています。

何もしないよりは
手袋なしでも寝る前にハンドクリームを
しっかり塗ってからケアをしておくといいですね。

水仕事での対策

手荒れの原因で特に多いのが水仕事ですよね。
可能であれば、水仕事をする場合はゴム手袋をつけましょう。

しかし、ゴム手袋をつけると
人によってはかぶれを起こしてしまうので
中にポリエチレンの手袋や木綿のの手袋をした上に
ゴム手袋をはめる方が良いそうですね。

使ったゴム手袋の内側は蒸れたままになって
雑菌が繁殖しやすい状態です。
干してしっかり内側も乾かしておくことをお勧めします。

おすすめ食材

乾燥肌対策に効果的であるものをピックアップしました。

・ビタミンC
水溶性ビタミン。
乾燥肌を防ぐために必要なお肌のコラーゲンの生成を促します。
パプリカ、芽キャベツ、ブロッコリー、レモン、柿などに多いです。

・ビタミンE
脂溶性ビタミン。
血行を良くして肌の新陳代謝を活発にし、細胞の老化を防いでくれます。
さらに、強い抗酸化作用があります。
ごま、アーモンド、落花生、アボカドなどに多いです。

・ビタミンA(βカロテン)
脂溶性ビタミン。
皮膚の粘膜などの新陳代謝を活発にし、健康に保ちます。
レバー、うなぎ、モロヘイヤ、人参、ほうれん草などに多いです。

・セラミド
脂質とアミノ酸が結合してできた脂質の一つ。
角質層に細胞間にある脂質で外からの刺激を防いで肌を保湿し、
潤いを保つ働きがあります。
黒ごま、ひじき、大豆、こんにゃく、ほうれん草などに多いです。

まとめ

手荒れは悪化させないためにも
自分にあったハンドクリームでしっかりとケアを行い、
日常生活でも対策をすることが大切ですね。

手のケアだけに集中するのではなく、
規則正しくバランスの良い食事と
水分補給や軽い運動も行なって
総合的に自分の体をケアするといいですね。

スポンサードリンク



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. フード・グルメ

    アボカドの栄養には女性に嬉しい効能があった⁈ 切り方と変色した時の対処法を伝授!…
  2. 休日・リラックス

    河津桜まつりには新幹線や電車でのアクセスがおすすめ? 2017年も出店やイベント…
  3. ライフスタイル

    エアコンの買い時は何月? 冷房・暖房の電気代を節約するには?
  4. 美容・ファッション

    手荒れがひどい原因はあれだった?!手袋でケアをするのは逆効果説は本当?
PAGE TOP