ライフスタイル

イースターとは何をする日?2018年はいつなのか?

春に近づいてくると、雑貨屋さんにはイースターグッズが売られていたり、ディズニーランドなどのテーマパークではイースターのイベントもありますね。日本ではあまりイースターはあまり馴染みがなかったのですが、近年では少しずつメジャーなイベントになりつつあるのでしょうか。イースターって一体何なのか?気になったので調べてみました。

sponsored link

イースターとは?

イースターはキリスト教のお祭りで十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念し、記憶するというキリスト教にとって大切なお祭です。

イースター(Easter)は英語での呼び方ですが、日本語では「復活祭」と言います。実はイースターはキリスト教にとってはクリスマスよりも大事な行事なんだとか。

クリスマスはイエス・キリストが誕生したことを祝う行事ですが、イースターは亡くなったイエス・キリストが復活したことが由来とされているので、非常に重要な日として扱われてるそうです。

イースターっていつ?

イースターはハロウィンやクリスマスなどのようにはっきりとした日にちは決まっていません。

2017年のイースターは4月16日(日)でしたが、
2018年は4月1日(日)です。

イースターの日にちは基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるので、年によって日付が変わってしまいます。

毎年4月1日には嘘をついても良いという風習のエイプリル・フールとイースターが2018年は重なってしまいましたね。

<スポンサードリンク>



何をするの?

イースターの日には多くの教会で特別な礼拝が行われたり、国や地域によっては様々な習慣や行事があるそうです。一般的にはクリスマスと同様に家族と一緒のご馳走を食べて過ごすとこが多いようです。

イースターでは主に卵料理を食べます。卵を使う理由はひよこが卵の殻を破って出てくるように、キリストも死という殻を破って復活したことを象徴しているのだとか。

イースターではゆで卵をカラフルに染めるというイースターエッグ作りをして楽しんだりもします。

小さな子どもがいる家庭では、庭に卵を隠してみんなで探す「エッグハント(卵狩り)」や、丘の上から卵を割らないように転がす「エッグロール(卵転がし)」という遊びをしてイースターを楽しむそうですよ。

なんだか子どもが喜びそうな遊びで楽しそうですね。

まとめ

  • イースターは亡くなったイエス・キリストが復活したことを記念したお祭りで、キリスト教にとってはとても需要な日
  • 2018年のイースターは「4月1日(日)」
  • 教会で礼拝を行ったり、イースターエッグ作り、エッグハントやエッグロールという遊びをする

今後、イースターはハロウィンやクリスマスのように日本でもメジャーなイベントになっていくのかもしれないですね!

<スポンサードリンク>



関連記事

  1. ライフスタイル

    エアコンの買い時は何月? 冷房・暖房の電気代を節約するには?

    夏は猛暑、冬の大寒波にはエアコンは欠かせない電気製品ですね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ライフスタイル

    イースターとは何をする日?2018年はいつなのか?
  2. フード・グルメ

    アボカドの栄養には女性に嬉しい効能があった⁈ 切り方と変色した時の対処法を伝授!…
  3. フード・グルメ

    オリーブオイルの小さじのカロリーは?飲むことで得られる効能はあるの?
  4. 休日・リラックス

    河津桜まつりには新幹線や電車でのアクセスがおすすめ? 2017年も出店やイベント…
  5. ライフスタイル

    エアコンの買い時は何月? 冷房・暖房の電気代を節約するには?
PAGE TOP